薬剤師の仕事

薬剤師薬剤師は薬に関連する様々な所で仕事をしています。

皆さんの身近なところでは、病気になってお医者さんに行ったときに、お医者さんは症状に合った様々な薬を処方してくれて、それを薬局で受け取ったりしますね。また、ドラッグストアなどに行ったときにも、よくテレビCMで見る風邪薬・頭痛薬・胃薬・・・など、さまざまなお薬を購入できます。

こういったみなさんが飲んだり使ったりする『薬』に関する様々なことを仕事にしているのが薬剤師という仕事になります。

薬の研究をする人、薬を創る人、薬を調合する人、販売する人・・・などざまざまな役割があります。

■病院・調剤薬局

お医者さんが処方してくれた処方箋(薬の指示書のようなもの)に基づいて薬を調合し、患者さんに飲み方(服用方法)や副作用などの説明をおこなって薬をお渡しします。

他にも薬局内で使う医薬品や、患者さんが今までどんな薬を飲んでいたのか・また現在服薬中の送りはないか確認する服薬履歴などの管理を行ったり、薬の相談や情報提供などを行ったりもします。

最近は病院内の入院患者に薬の説明をする病棟薬剤師や、高齢者や自宅療養患者などに対応できる在宅薬剤師という役割も増えています。

■ドラッグストア

薬を買いたいと来店してくるお客さん(患者さん)の相談にのり、一般用医薬品(ドラックストアで販売できるお薬)を説明し、販売をします。

最近は、病院に行かないと手に入らなかったお薬が、一部ドラッグストアでも買えるようになったのは、ドラッグストアに薬剤師がいるからこそできることでもあります。

また、みなさんと関わる場所(医療現場)と別に、製薬会社や大学などの教育機関、また保健所などの行政機関での仕事もあります。

■製薬会社

医薬品の開発や研究、また製造や品質管理、営業や販売などをおこないます。

■教育機関

大学等の教育機関では研究、教育が主となりますが、小学校などで学校薬剤師として校内の衛生管理をおこなう仕事もあります。

■行政機関

行政機関では薬局等の許認可をし、その監視、指導を実施し、薬、食品等の検査、試験もおこないます。

このように、薬剤師はいろいろなところで活躍しているのです。

日本には、薬剤師について定められた薬剤師法という法律があります。

そこでは「薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどる・・・」と定められていているのですが、その言葉の通り、薬を通じて”健康な社会”に貢献をしていくのが薬剤師の仕事です。

薬剤師になるためには

薬剤師になるためには

薬剤師は、薬剤師国家試験を受け、合格して免許を取得する厚生労働省の国家資格です。

薬剤師国家試験の受験資格は、薬科大学、薬学部で6年間の正規課程をすべて修了し、卒業確定となってはじめて与えられます。

大学では基礎的な化学、生物学などにはじまり、薬剤学、薬理学、また衛生学や医学知識など、基礎から専門、臨床まで講義、実験、実習が続きます。

薬とは何か、薬はどのようにしてつくられるのか、それはどのような効果や副作用があり、どのように体に影響し実際どのような病気に使用されるか等、その薬と関連事項に関してさまざまな角度からの学習が必要です。

また薬剤師は実際の患者さんと直接接することも多く、医師はじめ他の医療従事者の方たちとの連携も不可欠であるため、コミュニケーション力なども磨かなければなりません。

現在薬学部は6年制で、病院、薬局など医療現場での実習が必須となり、大学内の学習と学外での実務実習を兼ね備えた学習環境となっています。

薬剤師になるためには、専門知識だけでなく、判断力、集中力、また責任感や倫理観も必要です。

薬への興味はもちろんですが、人の命にかかわる仕事であることを意識して薬剤師を目指すことが重要です。