世界に羽ばたける多彩な薬のスペシャリストを社会に送り出す

名古屋市立大学は、1884年創立の名古屋薬学校を前身とし、1946年に名古屋市に移管され、1949年名古屋薬科大学として開学しました。翌年、名古屋女子医大と統合して、医学部と薬学部の名古屋市立大学となりました。現在では、医薬中心に、6学部7研究科を有する、都市型総合大学となっています。薬学部では、2006年の新制度に伴い、6年制の薬学科と、4年制の生命薬学科を導入し、薬を通じて、人類の健康と福祉の発展に貢献できる人材を育成することを、目指しています。平日、土曜日、随時ミニオープンキャンパスを行っています。
(写真は大学webサイトよりお借りしています。)

名古屋市立大学 薬学部で学べること

6年生の薬学科と4年生の生命薬科科学に分かれており、薬学科は医療の様々な分野で活躍できる薬剤師の育成をめざし、物理系・科学系・生物系の基礎的薬学の最新の知識を体系的に学習していきます。5年次になると薬局や病院などでの臨床実習に入ります。また研究室に所属して卒業研究を行っていきます。
生命薬科学科は、基礎科目の学習に加え、研究に役立つ科目や演習を学んでいきます。卒業研修については1年以上の期間をとって、研究の基礎力を身に着けていきます。

名古屋市立大学 薬学部の施設をご紹介

図書館

名古屋市立大学には、4つキャンパスがあり、それぞれに総合情報センターとして、図書館があります。薬学部のある田辺通分館には、主に薬学・化学・生化学関連の資料が充実しています。平日9:00から19:00まで、土曜日は5:00までです。試験期間は延長もあります。

薬用植物園

田辺通キャンパス内に総面積3460㎡に、草本植物約300種、木本植物約70種を栽培しています。学生の薬用植物・生薬についての学習が目的の為、年数回の見学会を開催していますが、一般には非公開となっています。

施設の紹介

実習棟には模擬薬局、模擬病棟といって最新設備をそろえ、研修棟には、臨床薬学教育研究センターがあります。また、図書館に隣接して、先端薬学研究施設を設置しており、先端科学技術を取り入れた、創薬科学や、生命科学の研究がなされています。

名古屋市立大学 薬学部の偏差値

名古屋市立大学 薬学部の偏差値
受験形式 河合塾 ベネッセ
薬学科 中期 65.0 75
生命薬科学 中期 62.5 72

※2016年時点で各種予備校サイトで記載されていた偏差値を参考として掲載しています。

名古屋市立大学 薬学部卒業後の就職・進学状況

平成27年度(平成28年3月)卒業生における薬学部の卒業生56人のうち、就職者は53人(就職率は100%)、進学者が2名、その他が1人でした。
同県内の安城更生病院、名古屋記念病院、名古屋市立大学病院などの病院をはじめ、大塚製薬、ファイザー、アステラス製薬などの製薬メーカー、その他調剤薬局やドラッグストアが主な就職先となります。

オープンキャンパスについて

オープンキャンパスは毎年夏~秋にかけて開催されます。秋の日程は10月中ほどの日程で行われることが多いようです。2016年は10/22、23になります。薬学の紹介や個別相談、キャンパス見学ができます。
申し込みは大学webサイトからとなっていますので、興味のある方は大学webサイトをこまめにチェックしてみてください。

名古屋市立大学 関連のSNSアカウント

■Facebook
名古屋市立大学Facebookページ

■Twitter
名古屋市立大学 (@NagoyaCity_Univ) 
名古屋市立大学・薬学祭 (@yakusai_ncu)

■その他各サークルなどのページ
陸上競技部 :https://twitter.com/ncu758tandf
剣道部 :https://twitter.com/meishiken
水泳部 :https://twitter.com/ncuswimmingclub
馬術部 :https://twitter.com/meishidai_uma
ラグビー部 :https://twitter.com/NcuRugby
ゴルフ部 :https://twitter.com/ncugolfclub/

名古屋市立大学 薬学部アクセス情報

〒467-8603 愛知県名古屋市瑞穂区田辺通3-1
TEL:052-836-3402
FAX:052-834-9309
http://www.nagoya-cu.ac.jp