食と栄養の専門知識を持った薬剤師を養成

大阪大谷大学は、1966年に大谷女子大学として開学したのが始まりです。その後2006年に男女共学になり名称も「大阪大谷大学」へ改称し、同時にこの年に薬学部も設置されました。実力のある薬剤師の育成を目標にしており、「健康食品管理士」の指定校にもなっているため、在学中に「NR・サプリメントアドバイザー」や「健康食品管理士」の資格をとることができます。

(写真は大学webサイトよりお借りしています。)

大阪大谷大学 薬学部で学べること

大阪大谷大学薬学部は6年制の薬学部です。そのため、国家試験に合格するだけでなく、即戦力となる薬剤師を目指して、薬剤師の仕事を体験できる模擬薬局と模擬病院を配備した臨床薬学教育研修センター、最新の分析機器を完備した先端機器センターと中央分析センターなど、より高度な実習・研究ができる環境が整っています。また、教員の約1/4は医師・歯科医師などの臨床経験者ですので、実際の医療の現場で必要となる「知識・技能・態度」を講義や実習を通じて身につけることができます。

大阪大谷大学 薬学部の施設をご紹介

臨床薬学教育研修センター

模擬薬局や模擬病室、製剤室などがあり、薬剤師の業務を体験・訓練できる施設です。薬剤師としての技術だけでなく、コミュニケーション能力も学習します。

図書館

大阪大谷大学の図書館には、専門書を含めたくさんの書籍を揃えています。インターネットからの検索や、一部電子版の閲覧も可能で、登録すれば学外者でも利用できます。

その他、先端機器センターや中央分析センターなどがあり、多くの研究機器を揃えています。

大阪大谷大学 薬学部の偏差値

大阪大谷大学薬学部の偏差値
受験形式 河合塾 ベネッセ
全体 45 49

※2014年時点で各種予備校サイトで記載されていた偏差値を参考として掲載しています。

大阪大谷大学 薬学部卒業後の就職・進学状況

大阪大谷大学の卒業生はほとんどが医薬関係や福祉関係へ就職しています。就職先としては、病院・薬局・ドラッグストアのほかに、製薬企業や研究所など、いろいろな場で活躍しています。
参照:http://www.osaka-ohtani.ac.jp/employ/situation/pharmacy/

卒業後の就職・進学状況
進路先 割合
卸売業・小売業(薬局・ドラッグストア) 55.6%
医療・福祉 31.9%
製造業 5.6%
公務 5.6%
サービス業 1.4%

オープンキャンパスについて

大阪大谷大学のオープンキャンパスは、参加費無料、参加予約不要、入退場自由です。開催スケジュールは、2015年7月18・19日(土日)、8月22・23日(土日)、10月4日(日)に行われる予定で、開催時間はいずれも10:30~(受付は10:00~)です。詳細については、大阪大谷大学のHPで確認することができます。

大阪大谷大学 関連のSNSアカウント

■サークルなどのページ
ラクロス部:https://www.facebook.com/oou15lax/
サッカー部:https://www.facebook.com/osakaohtani.fc/
サッカー部:https://twitter.com/osaka_ohtani_fc
ソフトテニス部:http://www.osaka-ohtani.ac.jp/campuslife/club/soft_tennis.html

大阪大谷大学 薬学部アクセス情報

〒584-8540 大阪府富田林市錦織北3丁目11番1号
TEL:0721-24-0381(代表)
http://www.osaka-ohtani.ac.jp
近鉄長野線「滝谷不動駅」から歩いて約7分かかります。また、南海高野線「金剛駅」からはスクールバスが出ています。このスクールバスは認可制で、認可された生徒だけが乗れます。