臨床、地域に強い人間性豊かな薬剤師の育成

奥羽大学薬学部

本学は、1972年に創立者影山四郎により高度な専門知識と技術を備えた「人間性豊かな医療人を育成する」ことを理念として開設されました。薬学部は2005年に4年制薬学部として開設され、翌年6年制大学に移行しています。
本大学薬学部は、臨床医療、地域医療に役立つ豊富な知識と高度な技能を有する薬剤師の育成を目標とし、併せて生命倫理、コミュニケーション能力、患者中心の医療人としての心構えなどを学び、人間性豊かな薬剤師の育成を目指しています。
(写真は大学webサイトよりお借りしています。)

奥羽大学 薬学部で学べること

奥羽大学薬学部は6年制のみです。講義と実習、演習を連動させた実践的なカリキュラムが組まれており、基礎から応用まで段階的に学べるようになっています。2,4,6年次には演習科目が設けられており、国家試験に向けての準備も万全です。また4年次から研究室配属を行っています。

奥羽大学 薬学部

附属病院

本学は、1972年に開学した歯学部を有しており、学内の歯学部附属病院との連携により、医療系大学ならではのメリットを活かした実践的な薬学教育を行っています。

図書館

図書館は、開架方式を採用し、閲覧や資料調査が自由に行える体制を整えています。医学・歯学・薬学、語学・文学関係の蔵書が14万冊余り、学術雑誌約2,000種などを擁しています。開館時間は、平日の午前9時~午後7時、土曜は午前9時~午後4時です。

共同研究施設

共同研究施設として、動物実験研究施設、電子顕微鏡研究施設、放射性同位元素共同研究施設などがあります。
・動物実験研究施設:本施設は、歯学部と薬学部の共同利用で、地上三階建で、マウス・ラット・ウサギ用飼育室10、実験室4、手術室2、特殊実験室2の他、滅菌室、更衣室を備えています。
・電子顕微鏡研究施設:本研究施設は、細胞内部の超微細構造や表面構造の共同研究を目的とした施設として、高分解能の透過電子顕微鏡、エネルギー分散型X線分析装置を装備した分析走査電子顕微鏡を備えています。また、生きている細胞の構造や機能の変化を、リアルタイムに観察することのできる、共焦点レーザー顕微鏡も設置されており、学内外の多くの研究者に利用されています。

奥羽大学 薬学部の偏差値

奥羽大学 薬学部の偏差値
受験形式 代ゼミネット 河合塾 ベネッセ
一期 37 35 43

奥羽大学 薬学部の就職・進学状況

薬学部で正規の課程を修了すれば薬学士の称号が与えられ、薬剤師国家試験資格を得ることができます。卒業後の進路としては、病院、薬局・ドラッグストア。製薬会社をはじめ、CRO・SMO、食品・環境関連、教育・研究者、薬事行政の分野があります。

就職先参照:http://www.ohu-u.ac.jp/faculty/pharmacy/employ_data.html

奥羽大学 薬学部の就職・進学状況
進学先 割合
保健薬局 48%
病院 15%
ドラッグストア 2%
公務員・学校 4%
大学院進学 2%
未定者 29%

オープンキャンパスについて

2017年のオープンキャンパスの日程はまだ決まっていませんが、2016年には7/4、8/4、9/3、10/15に開催されます。
大学HPに日程が掲載されますので、確認して下さい。学部紹介者キャンパス見学、体験学習ができます。(10/15は進学相談会のみ)
オープンキャンパスの開催日は、JR郡山駅から無料シャトルバスが出ています。

奥羽大学 関連のSNSアカウント

■Facebook
奥羽大学Facebookページ

■Twitter
[Hotz]奥羽大学スキー部 (@OuuSkibu) 

奥羽大学 薬学部アクセス情報

〒963-8611 福島県郡山市富田町字三角堂31-1
TEL:024-932-9006(薬学部入試係)
http://www.ohu-u.ac.jp/faculty/pharmacy/pharmacy.html
最寄駅はJR東日本「郡山」駅です。
バスをご利用の方は、JR郡山駅から約10分、奥羽大学前下車で、料金は250円です。
また、スクールバスを、JR郡山駅~奥羽大学(直行)で路線バスと同じ料金で運行しています。
車をご利用の方は、郡山駅前より約7分~10分(約2.5km)です。