女子教育を活かした水準の高い薬剤師を目指す教育

安田女子大学は、1915年に安田リヨウにより創立された広島技芸女学校に始まり、短期大学を経て、現在は、大学7学部12学科と大学院、短期大学を有する女子大学です。2007年、6年制の薬学部、薬学科が、薬学知識、技術を身に付けた、実践で活躍できる薬剤師を養成することを目的として開設されました。2013年4月には大学院も開設されました。
チーム医療に貢献できる人材、高い知識とコミュニケーション能力をもった薬剤師の育成を目指しています。5月には、新入生歓迎オリエンテーションセミナーを催し、9月(夏休み)の学科ゼミでは、1泊2日で、製薬会社を訪問して、研究施設や、薬の製造工程の見学、研修を行います。

(掲載記事・写真協力:安田女子大学)

安田女子大学 薬学部で学べること

薬学部では在学中の6年間で基礎科目の他に広い知識とコミュニケーション力を持った質の高い全人教育を目指します。1年次で薬学基礎を身につけた後は物理・化学・生物・医療などの科目を履修します。4年次からは実務実習に重点を置き卒論と薬剤師国家試験に向けて早めの準備に取り掛かります。また在学中の学科ゼミでは、宿泊研修として製薬会社を訪問し研究施設や製造工程の見学を行います。

安田女子大学 薬学部の施設をご紹介

薬学部棟

地下1階、地上7階建ての9号館に薬学部の専門設備・機器を備えています。調剤室や薬物血中濃度測定ルーム、医療品情報ルーム、受付などを揃えた模擬薬局では薬局での調剤業務を実際に体験できます。そのほか、地下1階は「共同研究センター」となっており、NMRや共焦点レーザー顕微鏡、質量分析装置など薬学分野の最新機器を備えています。

薬用植物園

安田女子大学・薬用植物園は9号館の西側に二つの圃場と温室を備え、2010年9月に開園しました。日本薬局方収載の薬用植物を中心に、500種を超える貴重な植物を栽培しています。本園は薬学部のコア科目である天然物化学および関連科目や実習の教材植物のための標本園ならびに研究用栽培を中核としていますが、あわせて地域貢献の一環として、薬用植物を地域社会に啓発、普及する役割も果たしています。

安田女子大学 薬学部の偏差値

安田女子大学薬学部の偏差値
受験形式 河合塾 ベネッセ
前期 56 48

※2014年時点で各種予備校サイトで記載されていた偏差値を参考として掲載しています。

安田女子大学 薬学部卒業後の就職・進学状況

1年次から利用できるキャリアセンターと学習支援センターが充実しています。2015年度卒業
生は薬学部では就職率100%でした。薬学部の就職は薬剤師として薬局や病院への調剤勤務を中心に、製薬メーカー、医薬品卸などにも就職しています。
参照:http://www.yasuda-u.ac.jp/course/pharmacy/future/

 オープンキャンパスについて

2016年は7/16(土)17(日)、8/21(日)に行われました。事前予約は不要で当日気軽に訪問できます。当日は各学部の模擬体験実習や在校生との交流会を設けるほか、入試説明会も予定しています。薬学部の模擬授業では「薬剤師の活躍の場」というテーマで行われたようです。
そのほかにもキャンパス内を見学しながら学生サークルの展示品を見て回ったり、就職や学生生活について個別に相談することができます。
開催の様子は大学webサイトに掲載されていますので、参考にしてみてください。

安田女子大学 関連のSNSアカウント

■Facebook
安田女子大学Facebookページ

■各サークルなどのページ
ラクロス部 :https://twitter.com/ysd_laxxxx
マンドリン部 :https://twitter.com/yasuda_mc
ブラスバンド部 :https://twitter.com/yasudabrass
など。

安田女子大学 薬学部アクセス情報

〒731-0153 広島県広島市安佐南区安東6丁目13番1号
TEL:082-878-8111(代)
http://www.yasuda-u.ac.jp
広島中心部から、アストラムラインで、約20分の「安東」駅で下車、そこから徒歩で4分です。