体験・挑戦を重ね、医療人マインドを養う

摂南大学は、1922年に関西工学専修学校として設立されたのが始まりです。その後1975年に摂南大学として開学し、当時は工学部のみでしたが、1983年に薬学部が増設されました。薬学部では、最新施設での実習以外にも、各学年でいろいろな実習を設けており、「ハンディキャップ体験実習」「看護体験実習」などがあり、薬剤師としての技術だけでなく患者の気持ちを理解することを目的とした教育にも力を入れています。

摂南大学 薬学部で学べること

摂南大学薬学部は6年制の薬学科のみ設置しております。薬学科内において、薬学の研究者を目指し、専門研究を重ねる「研究コース」、医療の現場で活躍する薬剤師を目指し、臨床技術を磨く「臨床研究コース」、医薬品についての知識を深めより良い使用法などを考える「医薬品情報研究コース」の3コースから選択することができます。
薬剤師に必要な知識・技能・態度をバランス良く身につけるため、実戦的なチーム医療教育を1年次から実施しています。また、5年次と6年次の2年間、医薬品の適正使用を目指す研究、病気の成り立ちを解明する研究、医薬品を創る研究、環境を維持する研究、より良い薬学教育の手法を探る研究など、多くの分野の研究を展開しています。

摂南大学 薬学部の施設をご紹介

図書館

摂南大学には、本館(寝屋川キャンパス)と分館(枚方キャンパス)にそれぞれ図書館があり、合わせると約55万冊にもなる書籍がそろっています。専門書をはじめ、あらゆる分野の書籍があります。こちらは、インターネットで自宅からも検索できてとても便利です。

薬用植物園

摂南大学の敷地内に、薬10000㎡もの広大な薬用植物園があります。こちらには約1200種類の植物があり、学生の教育や研究に役立っています。また、年に2回、春と秋に薬草見学会を開催しており、地元の方々にも公開しています。

摂南大学 薬学部の偏差値

摂南大学薬学部の偏差値
受験形式 河合塾 ベネッセ
全体 56
薬前期A 55
薬前期B 52.5

※2014年時点で各種予備校サイトで記載されていた偏差値を参考として掲載しています。

摂南大学 薬学部卒業後の就職・進学状況

卒業後の就職・進学状況
進路先 割合
卸・小売業 56.7%
医療・福祉 35.1%
製造業 5.3%
公務員 1.4%
その他 1.5%

オープンキャンパスについて

平成27年度の摂南大学薬学部のオープンキャンパスは、全学部共通のものが、 寝屋川キャンパスにおいて、 9月20日(日) 10:30~16:00、(この日はオープンキャンパス模試も 同日開催されます。)、 12月20日(日) 13:00~16:00 (この日は一般入試相談会も開催されます。)の日程で行われました。 また、薬学部の設置されている枚方キャンパスにおいて、6月7日(日) 10:30~16:00、7月12日(日) 10:30~16:00、8月22日(土) 10:30~16:00の日程で行われました。 プログラム等の詳細は随時、摂南大学公式ホームページで公開されますので、興味のある方はぜひ確認してみてください。

摂南大学 関連のSNSアカウント

■LINE@アカウント
摂南大学@setsudai

■各サークルなどのページ
ラグビー部 :https://twitter.com/SetsunanRugby
サッカー部:https://twitter.com/setsunan_soccer
フットサル部 :https://twitter.com/setsudaifutsal
吹奏楽部 :https://twitter.com/setsunan__suibu
モータースポーツ部 :https://twitter.com/setsunan_msc
など

摂南大学 薬学部アクセス情報

〒573-0101 大阪府枚方市長尾峠町45-1
TEL:072-839-9104(入試全般)
http://www.setsunan.ac.jp
京阪くずは駅からバスで約10分ほどかかります。京阪枚方市駅北口からはバスで約40分ほどかかります。JR長尾駅やJR松井山手駅からはそれぞれバスで約10分ほどかかります。また、近鉄新田辺駅からはバスで約30分ほどかかります。