薬を通じて人類に貢献

昭和薬科大学は、独立と融和を建学精神として1930年に設置された昭和女子専門学校が前身です。1949年に昭和女子薬科大学となり、翌年には男女共学として昭和薬科大学となりました。
1990年に町田市にキャンパスを移転し、2006年には6年制教育を開始しました。医療に強い薬剤師を養成することを目指し早期体験学習や事前実習、また語学・情操教育を重視しています。学部内は、創立時の自主、自立をはぐくむ、家庭的な環境が今も変わりなく続いています。
(写真は大学webサイトよりお借りしています。)

昭和薬科大学 薬学部で学べること

平成18年に行われた6年制への法改正に伴い、薬学部薬学科と生物薬学科を薬学部薬学科に統一しました。医療への高い意識を育むため1年次からの早い段階において薬学の基本的知識に加え、大学病院の医師や薬剤師を講師として招き実践に役立つ講義を行います。4年次には校内にある最新のモデル薬局を使用し5年次からの卒業実習に備えます。卒業実習は臨床薬学、情報薬学、総合化学のコースを1つ選択します。

昭和薬科大学 薬学部の施設をご紹介

図書館

薬10万冊の図書と、200タイトル以上の学術雑誌を所蔵しています。すべて開架式になっていて、自習コーナーも設置しています。平日9:00~20:00、土曜日は、17:00までです。

附属病院植物園

キャンパスの北側に1万8千㎡の敷地があり、薬科系大学の中でも、全国有数の規模の薬用植物園です。生薬の標本も多数所蔵しています。中心部の温室と、薬学の原点ともいえる植物が多数栽培されていて、生きた教育、実習を実施しています。

その他施設

実習棟と、研究棟には、最新の設備をそろえています。モデル薬局、モデル病室は、実習等にあり、5年の実務実習前の、4年生のための事前実習をここで行い、本格的な施設となっています。

昭和薬科大学 薬学部の偏差値

昭和薬科大学薬学部の偏差値
受験形式 代ゼミネット 河合塾 ベネッセ
前期 58 55 61

※2014年時点で各種予備校サイトで記載されていた偏差値を参考として掲載しています。

昭和薬科大学 薬学部卒業後の就職・進学状況

各種就職支援プログラムにおいて合同説明会やガイダンスを設け、進路決定のサポートをしています。6年制になってからは製薬企業への就職が増加しMRやCROとしても活躍しています。

2015年は、病院への就職の割合が増えました。

参照:http://www.shoyaku.ac.jp/career/course/

卒業後の就職・進学状況
進路先 割合
薬局 53.4%
病院 27.5%
製薬・その他企業 15.7%
進学 1.7%
公務員 1.7%

オープンキャンパスについて

2016年は8/6,7の土日に開催されました。説明会や各施設の見学ツアー以外に、実験プログラムや模擬体験授業なども実施されます。実験プログラムでは「薬剤師の仕事を体験してみよう」「光の不思議な性質である偏光について学ぼう」「身近な食品に含まれる有害な化学物質」など、多種多様なテーマがあります。
参加申し込みやプログラムの詳細は大学webサイトから確認できますので、目を通してみてください。

昭和薬科大学 関連のSNSアカウント

■Facebook
昭和薬科大学 Facebookページ

昭和薬科大学 薬学部アクセス情報

〒194-0042 東京都町田市東玉川学園3−3165
TEL:042-721-1511
http://www.shoyaku.ac.jp
小田急新宿線で30~40分の「玉川学園前駅」で下車、徒歩15分です。JR横浜駅からだと、「成瀬」駅まで行き、駅からバスで10分の、昭和薬科大学で下車してください。


※本ページの掲載情報に関する修正・追加のご連絡は info@yacca.club までご連絡ください。