薬の専門家、創薬科学の発展に貢献する研究者の養成

東北大学薬学部

東北大学は、1907年、三番目の帝国大学として創立され、1949年、8学部9研究所の新制大学となりました。現在は、10学部16研究科と、2つの病院、多数の研究所を持ち、研究重視の学風を堅持した総合大学です。 薬学部は1890年、第2高等学校医学部の薬学科に始まり、1919年東北大学医学部専門部薬学科、1957年の医学部薬学科を経て、1972年学学部として誕生した古い歴史と実績を持つ学部です。
(写真は大学webサイトよりお借りしています。)

東北大学 薬学部で学べること

薬の専門家として医療に携わる6年制の薬学科と創薬科学の発展に貢献する研究者、技術者を育てる4年制の創薬科学科があります。
3年までにどちらかの学科に進学し振り分けられるため、1,2年次は共通の共用・基礎教育科目と続けて薬学の基幹教育科学を学びます。

薬学科は3年次より発展教育科目から5年次に行う実務実習に向け4年次より実務教育科目に入ります。
実習の後は課題研究を卒業に向けて行い総合的な教育を行い国家試験に向かいます。

創薬学科は3年次より展開教育科目を受け4年次には課題研究を行って4年制卒業後は2年の大学院修士課程にほとんどが進学し、研究者、技術者を目指します。

東北大学 薬学部の施設をご紹介

附属薬用植物園

古い歴史を持ち、全国一の規模を誇る薬用植物園です、約1200種の重要な薬用植物を栽培し、標本保存室などを持ち合わせた、薬学部付属の研究施設です。

RI研究センター

安全で有効な新しい医薬品を創るための研究施設です。RIを利用する為、厳重な管理のもとで、様々な研究が行われています。

学生実習管理室

構造薬学、創業化学、生命薬学、病院薬学等の実習を行う施設で、中央機器室、実験動物飼育管理室などと共に、学生実習、実験、研究に必要な最新の設備と環境が整っています。

東北大学 薬学部の偏差値

東北大学 薬学部の偏差値
受験形式 東進 代ゼミネット 河合塾 ベネッセ
前期 66 63 60 64

東北大学 薬学部卒業後の就職・進学状況

平成24年度の卒業生は、創薬科学科が56名、薬学科は20名でした。創薬科学科56名のうち53名が進学し、企業、公務員、その他が1名ずつとなっています。また薬学科は企業に9名、医療機関などの薬剤師は7名、公務員1名、研修生1名と進学が2名となっています。
参照:http://www.pharm.tohoku.ac.jp/career/career-g.shtml

卒業後の就職・進学状況
進路先 割合
医療機関等薬剤師 35%
企業 45%
公務員 5%
研修生 5%
進学 10%

オープンキャンパスについて

東北大学薬学部では、平成28年は7月27日(水),28日(木)にオープンキャンパスが行われました。
この時は薬学部の概説と共に、研究重視の学風にふさわしく最先端研究が紹介されました。またそれぞれの研究室の見学や体験授業も受けることができました。
体験学習や、オープンキャンパスの様子について、大学webサイトで確認することができます。

今年も夏休みの時に行う予定ですが、まだ日時は決まっていません。大学のHPをこまめにチェックしておくといいでしょう。

東北大学 薬学部のSNSアカウント

■Facebook ○○大学ページ
東北大学 公式Facebookページ

■Twitter
東北大学薬学部教務係 (@touhoku_yakugak) 
東北大学薬学部2015年入学者(@tohoku_p2014) 

東北大学 薬学部アクセス情報

〒980-8578 仙台市青葉区荒巻字青葉6-3
TEL:022-795-6801
FAX:022-795-6805
http://miyagi.euromedicline.com/pharm-tohoku
仙台駅から、市営バスで自然史標本館前(理学部経由)、または、情報科学研究科前(工学部経由)で下車、徒歩5分です。
空港からの場合は、仙台空港アクセス鉄道でJR仙台駅下車後、仙台市地下鉄東西線を利用すると便利です。