質の高い専門家はもちろん、信頼を寄せられる薬剤師に

福岡大学は昭和9年(1920年)に福岡高等商業学校を創立したことに始まります。そして昭和31年4月に福岡大学と改称しました。薬学部は昭和35年(1960年)に薬学部薬学科として設置されました。昭和41年(1966年)に学部に製薬化学科が増設されました。昭和48年(1973年)福岡大学病院が開設し、平成18年(2006年)薬学部薬学科(6年制)となって今日に至っています。
薬学部では、海外の最新の医療状況を肌で感じ・学んでもらうため、ニュージーランド研修を行うなど国際的な学習にも力を入れています。

福岡大学 薬学部で学べること

福岡大学薬学部は、2006年度から入学してから卒業するまで6年間かかるコース(学部6年制)のみとなりました。6年制の薬学部を卒業すると学士(薬学)と薬剤師国家試験の受験資格が共に受けられます。 また、大学院薬学研究科博士課程(修行年限4年)を設置してますので、6年制の薬学部卒業後、大学院博士課程に進学して、これを修了することで博士(薬学)の学位が得られ研究者への道も開かれます。

福岡大学 薬学部の施設をご紹介

薬用植物園

各植物の名札には薬用部位や効能が書かれています。予約すれば一般の方も見学できます。また、漢方薬、生薬認定薬剤師制度の実習施設としても利用されています。

図書館

平成24年7月に中央図書館が開設されました。福岡大学には現在中央図書館と四つの分室があります。薬学部分室は16号館にあります。蔵書数は180万冊以上、雑誌20000タイトル、その他、視聴覚資料等も多数あります。中央図書館には人文、社会科学分野、分室にはそれぞれの学部に必要な専門分野の図書、雑誌、資料が揃っています。開館は中央が平日8:50~22:00(土曜日も含む)、日曜、祝日は8:50~18:00です。休館日は一定期間(夏季、春季)です。

福岡大学 薬学部の偏差値

福岡大学薬学部の偏差値
受験形式 東進 河合塾 ベネッセ
全体 59 57.5 62
前期 57.5

※2014年時点で各種予備校サイトで記載されていた偏差値を参考として掲載しています。

福岡大学 薬学部卒業後の就職・進学状況

卒業後の就職・進学状況
進路先 割合
病院 45.8%
薬局・薬店 36.0%
教育・学習支援 7.9%
公務 3.7%
製薬企業 3.3%
大学院・他大学進学 2.8%
情報通信 0.5%

参照:主な就職先・進路先|福岡大学

オープンキャンパスについて

毎年福岡大学の全学部合同で開催され、2016年のオープンキャンパスは、8月6日(土)に開催されました。受験生、これから進路を検討される高校1・2年生、そして保護者の方も、どなたも自由に参加できます。入退場は自由で事前の参加申し込みは不要です。
また、オープンキャンパスとは別に、2016年10月にはマリンメッセ福岡で行われる、全国から約110大学が参加する「夢ナビライブ2016」に参加予定です。
薬学部からは神村英利 教授が「医療からの薬学への招待」と題し、医療における薬学の役割について講義ライブを行います。

福岡大学 関連のSNSアカウント

2016年9月時点での公式アカウントはまだないようです。

■各サークルなどのページ
野球部:https://twitter.com/fukudaibaseball
陸上競技部 :https://twitter.com/fukudai_rikujou
ワンダーフォーゲル部 :https://twitter.com/FUWV
男子バレー部 :https://twitter.com/fuvbc2012
男子ラクロス部 :https://twitter.com/fukuoka_lax

福岡大学 薬学部アクセス情報

〒814-0180 福岡県福岡市城南区七隈八丁目19-1
TEL:092-871-6631(代)
http://www.pha.fukuoka-u.ac.jp/
市営地下鉄利用の場合は、天神南駅から七隈線に乗車して福大前駅で下車(所要時間約16分)西鉄バスだと天神協和ビル前から、行き先番号 12、12-1、140に乗車、福大正門前乃至は福大薬学部前で下車。(所要時間約30~35分)です。