卒業後の進路の多様性が強み

静岡県立大学薬学部は、1916年創立の静岡女子薬学校がベースとなっています。強みの一つに、卒業後の進路の多様性があり、薬局や病院の薬剤師だけではなく、医薬品関連企業の研究職・開発職・医薬情報担当職、国や地方自治体における薬事行政職などでも広く活躍をしています。
超高齢化社会を迎える中、本学では地域・国際社会のニーズを読み取れる広い視野、国際社会に対応する語学力、倫理観やコミュニケーション能力、薬学の専門知識、といった4つの観点での教育に力を入れています。
(写真は大学webサイトよりお借りしています。)

静岡県立大学 薬学部で学べること

本学は6年制となっており、1年~3年次は共通科目を学びます。4年次以降は薬学科科目と薬科学科科目に分かれます。薬学科科目は病院・薬局の長期実務実習があり、薬科学科科目は研究室に配属となり特別実習後に卒業論文を作成します。
3年次の後期には進路の参考になるように、早期体験学習が設けられています。

静岡県立大学 薬学部の施設をご紹介

図書館

静岡県立大学には、地上3階地下1階の図書館があります。各学部の専門書をはじめさまざまな書籍を揃えています。登録すれば、学外者でも利用することができます。

薬用植物園

静岡県立大学の敷地内に薬草園があります。5000㎡以上の敷地内に約800種類の植物があります。学生の教育や研究に使われるのはもちろんですが、平日は一般開放もしていて、気軽に薬草を見学することができます。

薬学教育・研究センター(静岡県立総合病院内)

静岡県立総合病院内に「薬学教育・研究センター」を設置していて、臨床での実習はこちらで行われます。実習時間も十分あり長期的に行われるので、実際の医療現場で薬剤師の実務や医療スタッフとのやりとりを直に感じることができます。また、こちらには研究設備も整っているため、臨床での研究も行われています。

静岡県立大学 薬学部の偏差値

静岡県立大学薬学部の偏差値
受験形式 東進 河合塾 ベネッセ
中期 67 60 66

※2014年時点で各種予備校サイトで記載されていた偏差値を参考として掲載しています。

静岡県立大学 薬学部卒業後の就職・進学状況

卒業後の進路は、エーザイ・小野薬品工業などの医薬品・食料品などの製造関係、マツモトキヨシ・杏林堂薬局などの薬局系、その他病院や公務員などに就職しています。
参照:http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp/career/faculty_course/001/index.html

オープンキャンパスについて

2016年のオープンキャンパスは8月5日、8日、9日、10日、12日に開催されました。
学部内容の説明、施設見学、模擬授業や個別相談会などが行われます。模擬講義では「生命を支える主役,たんぱく質のかたちとはたらき」「大学における最先端の創薬研究」「本当はくすりを飲んでないウソつきのあなたへ=きちんと 楽に飲める いいくすり 教えます!」などのテーマで行われていました。
事前申し込みが必要なので、参加を考えている人はこまめにホームページをチェックすると良いでしょう。

静岡県立大学 関連のSNSアカウント

■Facebook
静岡県立大学 公式Facebookページ

■Twitter
静岡県立大学公式アカウント(@shizu_kendai) 
静岡県大のキャラクター「コホちゃん」(@koho_chan) 

■その他各サークルなどのページ
サッカー部:https://twitter.com/kendai_football
チアダンス部:https://twitter.com/gold_rowdies
サッジャズダンス部部:https://twitter.com/jazz_dance_club
陸上競技部:https://twitter.com/kendai_rikubu

静岡県立大学 薬学部アクセス情報

〒422-8526 静岡県静岡市駿河区谷田52-1
電話: 054-264-5102(代表)
http://www.u-shizuoka-ken.ac.jp
JR東海道本線「草薙駅」から歩いて約15分かかります。また、静岡鉄道「草薙駅」また「県立図書館前駅」からも、歩いてそれぞれ約15分かかります。